まだまだ健在!テレクラの魅力に迫る!


テレクラ(テレフォンクラブ)とは、1980年代に登場したお店です。店舗に設置してある固定電話を通じて女性との会話を斡旋するお店で、繋がった女性とのツ-ショットトーク次第で、デートや出会い、ナンパの約束が出来るお店です。Wikipediaによれば、全国で最初に登場したお店は、1985年に小林伴実により開業された新宿「アトリエキーホール」、もしくは同年秋に同じ新宿に開業した「東京12チャンネル」との事です。

テレクラのシステム

1980年代のテレクラの仕組みは、まずお店に入り、時間ごとの料金を支払い、女性からの電話が掛かってくるのをひたすら待つというものです。女性は当時蔓延していたピンクチラシなどを見て、公衆電話や自宅電話などからフリーダイヤルでコールするのが一般的でした。

また、今現在のテレクラは一旦定員が女性からのコールを取り付けて、各お客さんに公平に回すのが一般的ですが、当時は「早取り」が一般的でいち早く他人より受話器を取れるように、あらかじめ受話器は外しておき、指をフックに押し付けてコールが来た瞬間に放すという命を掛けた早取り合戦が繰り広げられました。

1980年店舗型テレクラ創設期

80年代の半ばに登場した、店舗型のテレクラ。それ以前の他人同士の出会いの場といえば、雑誌やアダルト雑誌などのかなりアナログな物しかなかったように記憶しています。そんな中突如登場した店舗型のテレクラには、性欲や出会いに飢えた若者達の間で密かなブームになっていきました。そしてあらゆる繁華街に、徐々に店舗型テレクラが乱立していったのです。

1980年後半から1990年初頭テレクラ最強一大ブーム到来

その簡単に異性と出会えてしまうシステムのため、必然的にテレクラファンは増加していきました。今では繁華街に1つはあればいい方の店舗型テレクラですが、この当時は、テレクラ街といっても良いほどの数のテレクラが存在して、正にテレクラ一色でした。またブームが加熱するにつれ、一般の女性も多数参加するようになり、徐々に援助交際や売春などの問題が露呈していったのです。

テレクラを楽しむ3つの方法

1 テレクラサイトを利用して、テレフォンセックスをする

テレフォンセックスを始めたいけど、相手がいないのでできません!どうしたら相手を見つける事ができるのでしょうか?このような質問がありますが、ひたすら相手を待っていてもテレフォンセックスができるとは限りませんよね。今の時代ですから、ネットを使えば相手を見つける事ができてしまいます。出会い系サイトとかがありますね。

今は専用のサイトごとに分けられている事もあって、自分の目的の相手を簡単に探す事ができるようになりました。テレフォンセックスをする事ができる専用サイトも、もちろん存在しております。男性はお金を払えば、女性とテレフォンセックスをする事ができます。お金がかかってしまうなら……と考えているかもしれませんけど、セックスがしたくて風俗に行ったらいくらかかるかわかっていますか?

テレクラは、その半分以下で女性とエッチをする事ができるんです。少しお金を払えば、女性と電話でセックスをする事ができるので、あなたの溜まっている性欲を確実に格安で満たすことができてしまうのです。

まずは会員登録をしないとなりません。登録のしかたはサイトによって違いますので、サイトの中身を見てサイト側の言う通りに登録を進めて行ってください。そして登録が完了すると、女性と会話をする事ができます。サイトによって、料金の支払い方は違います。使いすぎる心配のない前払い制と、使った分だけ支払う後払い制がありますので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

ただ自己紹介もせずに相手にエッチをしましょう!と言うと、女性は「は?なんなのコイツ」と思って電話を切ってしまう事もあるので、最初からエッチを要求する事はあまり望ましくない事です。やめておきましょう!

2 チャットよりも盛り上がれる

テレクラを利用するメリットというのは、ちゃんと異性と出会う事ができるという所だと思います。テレクラというのは、女性と会話をするだけで終わってしまうものだと思っている男性が多いですよね。でもそんな事はありません。ちゃんとしたサイトで女性と知り合う事ができたら、それ以上の関係に発展する事だってできるのです。

電話で仲良くなって直接会う事ができてしまう人たちもいらっしゃいますからね。出会い系サイトよりも出会う確率が高いと言われていますので、その辺の出会い系サイトを使うよりも、テレクラを使った方がいいという事になります。

まず、出会い系サイトとなると、相手とメールでやり取りをすると思います。という事は、相手が忙しい時にメールをしても、返事が返ってくるのはその何時間後かになってしまうという事です。今会話をしたいのに、返事が遅いとなれば厄介ですよね。メールだと簡単に無視する事ができるので、仲良くなった途端にメールが途切れてしまったら、そこまで頑張ったのが水の泡になってしまうと思います。

でも直接電話をする事ができる場合は、相手といメールをしているわけじゃないので、リアルタイムで会話をする事ができます。チャットがその魅力を引き出していますよね。でも所詮チャットは文章を送りあうだけのものですが、電話となれば、相手の声を聞く事ができるので、より新鮮な感じを味わう事ができてしまうという事です。テレクラを利用する場合は、いろんなことがメリットになるという事なんですよ。出会い系サイトのように詐欺にあう事もあまりないと思いますしね。

良い関係を作って、テレフォンセックスへと持ち込む男性もいるようです。こうやってどんどん人はテレフォンセックスにはまっていき、テレクラが人気になっているのです。会うよりもより楽しめる方法を分かっていると、会う事なんてしなくていい!といつか思います。

3 伝言ダイヤルを利用する

一昔目前に流行ったテレクラ伝言ダイヤルがここ最近、にわかに流行りだしてきています。テレクラ伝言ダイヤルのシステムは、男性がお店に行き、ある一定時間の料金を支払い、小さい個室の中で女性から電話が掛かってくるのを待ちます。女性側は雑誌広告や、街角で配られるティッシュ、チラシ、また道路、鉄道付近の看板広告からフリーダイヤルの電話番号を知り、掛けます。電話が掛かってきて、見知らぬ女性と話す機会を得られればココから男性の腕の見せ所となります。

女性側がツーショットダイヤルに参加する理由も様々あります。面白半分で電話を掛ける、Hしたいから、本気の出会いを求めてなど。テレクラ伝言ダイヤルからの出会いの可能性も、十分にあるのです。女性は妄想することが非常に好きな生き物です。テレクラ伝言ダイヤルを通して、知り合った男性に思いを馳せ、自ら会いたくなるように仕向ければ、実際会うことは十分に可能なのです。

テレクラ伝言ダイヤルでモテる声質というのは、やはり低い声が一番女性のハートを鷲掴みにします。ツーショットダイヤルを始めようと思っている方はそのことに留意して、やってみるといいでしょう。低い声というのは“男性らしさ”の一つであり、女性にとって安心感を与えるものとなっています。

また、本気でツーショットダイヤルから出会いを求めているのであれば、一つのテレクラ伝言ダイヤルでするのではなく、複数のテレクラ伝言ダイヤルを使って女性にアプローチを仕掛けてみるのも一つのコツです。女性が電話を掛けてくるテレクラ伝言ダイヤルは一つではないので、接する機会が増えるし、接する女性の数も膨大な数になりますね。

最近のテレクラ伝言ダイヤルでは、女性からの逆ナンシステムや、あらかじめ音声録音した自己アピールを聞いてどういう人かを判断できるサービスがあったりと、昔とは一風変わったサービスもありテレクラ伝言ダイヤルは進化を続けています。面と向かって女性をデートに誘うことができない男性が増えてきている昨今、伝言ダイヤルの存在感は凄みを増してくると想像されます。

テレクラに似たサービスはいくつもある?出会い系との大きな違い


今のネット事業には、テレクラと似たようなものもいくつか存在します。たとえばツーショットダイヤル。これとテレクラの違いはなんなのでしょうか。男女が会話をするという点で両者は同じであり、おそらくツーショットダイヤルも元はテレクラから派生したものだと思います。もともとツーショットダイヤルという言葉の意味するところは、二人きりで話す、電話するということですからね。

しかしそれも今は、若干テレフォンセックスに寄っているような感じがします。もちろん出会いを探すことも可能でしょうが、テレクラではなくツーショットダイヤルを謳っているサービスには、テレフォンセックスを目当てにしている男女が比較的多いと言えるのです。もしあなたが、出会いを探すことにも力を入れたいというのであれば、テレクラを利用することをおすすめします。

次にツーショットチャット。これもよく話題になるというか、テレクラ的なサービスと混同されてしまっているところがあるのではないかと思います。ツーショットチャットというのは、文字通りチャットでありますから、男女で電話をするサービスであるテレクラとはまったくの別物です。

ライブチャットとテレクラの違い

では、次に、ライブチャットとテレクラの違いについて考えてみましょう。みなさんはライブチャットというものが何かご存知でしょうか。これはチャットレディと言われる会社に雇われた女性たちと、映像付のチャットを楽しめるというサービスです。女性の姿がカメラに映され、男性は基本文字を打ち込んで彼女と会話をすることになります。

そこでできるのは、おしゃべりや、チャットレディのオナニーを鑑賞することですね。ライブチャットには、ノンアダルトとアダルト(成人向け)があるのですが、前者は普通のおしゃべり、雑談を、後者はおしゃべりに加えオナニー鑑賞を楽しめるものとなります。テレクラと似ていなくもないですが、やはりまったく別のサービスですね。ちなみにこのライブチャットを「ツーショットチャット」と呼ぶこともあるようです。

これはこれで素晴らしいサービスでありますが、映像があるという時点でやはりテレクラとは別物。しかも話す女性はすべてアルバイトスタッフであるわけですから、出会いを探すことはできません。エッチなことを楽しみつつ、出会いを探すことができるのはテレクラだけではないでしょうか。

出会い系サイトとの違い

出会いのことを述べるとき、テレクラと出会い系サイトが比べられることがあります。メールでやりとりをするのが主の出会い系サイトと、電話でやりとりをするテレクラとでは違いは歴然ですが、では出会いを探すときの方法や成功率にはどのような、あるいはどれだけの違いがあるのでしょうか。

出会い系サイトのメリットは、出会いを探す手段が豊富であるということです。プロフィール検索や掲示板、日記やあしあと、お気に入り登録やGPS検索など、様々な方法で女性を探すことができます。これに比べると、テレクラは電話の繋がったその人と会う、あるいはエッチなことをするしかないわけですから、不便だといえそうですね。ここは大きな違いです。

しかしそんな出会い系サイトにも、デメリットがないわけではないのです。それは、男性が出会いを探した場合の競争率が高いということ、そして女性会員の不足を解消するためにポイントバック制度を導入せざるを得ず、その弊害としてポイントバックのみを目的とした多数女性がサイト登録していることですね。

今の出会い系サイトくらい、出会いを探すのに便利だと、セフレや恋人を求める男性が多数登録してきます。女性の頭数を揃えなければ出会いを提供することはできませんが、これが中々難しいのです。そこでポイント付与制度なんですね。これは、女性会員に対して、男性とメールをした回数などに応じて換金可能なポイントを付与するというもの。これだけを目当てに登録している女性も少なくないのです。

彼女らは、いわゆるサクラのように、多くの男性となるべく長くメールしようとします。いわば出会い系サイトには、正規でない素人のサクラがたくさんいるということですね。そのような女性らのことをポイントバッカー、あるいはキャッシュバッカーと呼びます。出会い系を使っていただければわかりますが、それらしき人物とは頻繁に遭遇します。

それに加えて、出会い系サイトは、登録が簡易で、多数のアカウントを作成できるため、アドレス回収などを目的とした業者が多数紛れ込んでいるという問題も抱えています。ある女性にメールアドレスを教えたその日から、迷惑メールが大量に届くようになった。そのような経験をしたことはありませんか? それはまさにアドレスを教えた相手が業者だったということなのです。

ポイントバッカーと業者、このふたつの存在によって、出会い系サイトでは出会いを見つけるのが結構難しいのが現状です。テレクラには、店舗型時代からの利用者が一定数いますし、電話を使うサービスであるため、業者は出会い系に比べれば少ないと言えます。

よって出会い系とテレクラの最大の違いは、ひとりの女性と話したときに会える確率、その人が素人である確率の差にあるといえるでしょう。テレクラは料金が高いぶん、素人女性と話せる確率が高いと考えていただければよいと思います。

テレクラのほうが出会えるのか?

それでは結局のところ、出会い系サイトよりもテレクラのほうが出会いやすいのでしょうか。これが、そうとも言い切れないのです。残念ながら。テレクラを運営する会社には、出会い系サイトがサクラを雇うのと同じように、オペレーターを雇って男性と会話させるところもあるからです。そのようなオペレーターと会話することになってしまった場合、会えることはありません。オペレーターと当たってしまったときの時間的、金銭的な損失は大きいので、一度の失敗が大きな負担となってしまいます。

このことがありますので、ポイントバッカーや業者にあふれている出会い系サイトと比べて、明確にどちらが会いやすいということはないんですね。どちらも一長一短という感じでしょうか。ですので、もしネットを使って出会いを探そうと思うのならば、出会い系サイトやテレクラなど、使えるものはすべて使って女性を探していくのが良いと思います。

テレクラの出会い率に関しては、コチラの記事もご参照下さい。

テレクラは、今すぐ誰かと会いたいと思って利用している人がほとんどです。ですから、他の出会い系サイトなどとは違い、すぐに会える可能性が高いのが魅力の一つ。この機会に一度利用してみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ